ぽんこつ風情

ゆるゆると自分の好きなことなど徒然なるままに

レバレッジ・リーディング

どうもダイちゃんです!!

ちょっと久しぶりです。
色々忙しくて書く時が無かった、、、

今回は一応感想文。
たぶんこれからも色々と書いてくと思うんで、ある程度の評価をつけて行きたいと思う。
てことでこんなんかな。

★ 殿堂入り
☆5 とてもおすすめ
☆4 おすすめ
☆3 普通。興味があればいいかも。
☆2 あまり薦めない
☆1 やめといたら?

適宜整理していって書き換えていくとも思います。

あと種別でいくと、
マンガ
小説・ラノベ
実用書・自己啓発
とこの辺りかなーって。また増やすかも。

てことで今回の本。
レバレッジ・リーディング

レバレッジ・リーディング

レバレッジ・リーディング

今回の本は☆5
いきなりか!?ハードル低くない??
って思われる?ごめん。
でも結構オススメです。
理由は特に実用書や自己啓発本などを読む時にとても役に立つから。本を読むために読む本。
初めにこの本を読んでおいたら効率が上がっていくから読むのなら早いうちに。

ってことで色々中身を書いていこうか。

ここからはネタバレを含むよ。
まあ小説みたいなのでは無いから僕自身の解釈も含むし読んでも大差はないから大丈夫だと思う。
Amazonとかのカスタマーレビューみたいなものと思ってください。

あくまでド素人の感想!
あーだこーだ、この解釈は違う!みたいなんは程々でお願いね☆

はい。
この本は4章構成。
1多読ってなに?
2本はどう選ぶ?
3読む
4読書後にはどうするか。
って感じ。

とにかくこれは「実用書、ビジネス書」を読むための本。すなわちどれだけ効率的に本を読むかを解いている。

1章は多読。すなわち1つの本を重点的に読むより多くの本を読めと。それの重要さ。
読書は知識をためること、そしてそれを活用することにより利益は100倍にはなる。すなわち1500円のビジネス書の価値が150万円にはなるということ。これを筆者は何度も言っている。
そして特に社会は移り変わるものである。それに対応するには常に新しい知識がいると。あと過去を知るということで未来を予測できるという利点もある。

2章は本の買い方。まあ簡単に言うとカテゴリーでのまとめ買いとか、とっつきやすそうなやつとか。
あと実地で買うかオンラインかなど。

3章は読み方。最終目標は1日1冊らしい。でも週1ぐらいから始めてねーって。
ルールは
読む目的を持つ
全部読まない、重要なところ
本に書き込む
取捨選択
読む習慣をつける

こんな感じ。
読む目的をちゃんとしてから自分のいる所だけを吸収しようねって感じ。80対20の法則が例としてあげられていた。書いてある全体の20%で言いたいことの80%はカバーできると。
だからその20%ほどを目的としても読む。これが重要さ。

4章。まあ読んだらちゃんとまとめようねって。そこは自分での創意工夫もあると思う。ある意味このブログがその役割感www
まあまたまとめるけど。

僕この本を読んで当てはまったのは結構ある。
実用書とかはあまり買わないから何とも言えないけどマンガとかはとても買う人。
たぶん100万円はゆうに使ってると思う。
平均1冊600円としてもだいたい1660冊ぐらい。
だいたい3巻まで読むと面白いかどうかは分かる。
面白くないならもう買わないしね。
ある意味わかる。でもちゃんと感想まとめたりはしてないし、帯も取っとくぐらいの収集癖やね笑
そこは違うね。
多読すると自分の好みも分かるようになるとは思うし外れを引くのは確実に少なくなるよね。