ぽんこつ風情

ゆるゆると自分の好きなことなど徒然なるままに

椎名林檎がかっこよすぎた!

どうも!ダイちゃんです!!

あの、すみません。遅ばせながらですが、先日初めて椎名林檎さんの曲を聞きました笑
f:id:knewt:20190708194506j:plain
正確には初めてではないんですけどね。
僕、アーティストで宇多田ヒカルさんがめちゃくちゃ好きで、「2時間だけのバカンス」で共演してるのは聞いていました。

宇多田ヒカル - 二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎

僕の偏見的な印象ですが、僕の周りではファンの子が、どぎつくて熱狂的な女の子という感じでしたので少しとっつきにくいななんて思ってました。

聞いたきっかけは、適当にお酒を飲みながらなんか音楽聞きたいなー!と思いながらYouTubeの散策。

酔いながら、テンションがハイになりながら、聞いた曲。なんやこれ!?て思いました。

東京事変 - 幕ノ内サディスティック

丸の内サディスティック(色々なライブのやつの複合だから幕の内??)

久しぶりに、
うわすげぇ歌詞。すごいメロディ。エロい!

て思いました。

本当にかっこよかったな。

色々聞いてると、言葉の可能性とか使い方とかが自分ってまだまだ未熟で、知らない美しく綺麗な言葉がこの世界にはそこらじゅうにあるんだなって再確認。

芥川龍之介の言葉で、

「文章の中にある言葉は辞書の中にある時よりも美しさを加えていなければならぬ。」

とあります。

もはや、そういうことです。
ボブ・ディランノーベル文学賞を受賞したように、音楽の歌詞も美しく、芸術的であるのです。

僕は理系で、論理的破綻なく、客観的に分かるように徹底的に無駄を省いて文章を書かねばならぬ。それが僕達における美しさです。

しかし、このような僕達と対局にあるような、感情に直接訴えかけるような歌詞もまた美しい。

僕達を嘲笑うかのように、言葉の可能性を提示して、脳裏に叩きつける。

かっこいい。

自分ももっと言葉を自由に使える?使っていいの?

その自由さに尊敬もし、烏滸がましいながら嫉妬もしてしまうんだな。

心の中でこんなん書いちゃどうかな?ていうリミットをかけてたのかもしれないね。

なんか良い経験をしたな。

もっと色々な言葉に触れたいな。もっと様々な芸術に触れたいな。
そう確認された、夜でした。

ps.これ酔っ払いながら書いてるんですけど、校正しようかなて思ったんやけど、別にええかって感じです笑
まあその時の感情だしね!人生たのしみましょ!